【漫画・田中克樹】インゴシマ 6巻 シマビトたちに凌辱の限りを尽くされる少女たち【無料試し読みあり・感想・電子書籍コミック】

サスペンス
あらすじ

漂着直後の「ギシキ」で生贄に選ばれなかった茜・加奈・薫子の三名は、薬草による陶酔の中、
シマビトたちに凌辱の限りを尽くされる。ようやく男たちの手から解放され、朦朧とした意識のまま粗末な牢獄に放り込まれた薫子の耳に届いたのは、さらに過酷な運命が自らを待ち受けていることを告げる乾いた声だった。 一方、奴隷身分「イヤツコ」の集落に身を潜めている若林は、島の王・ガモウが集落を訪問するのを見る。ガモウの腹心の部下「ジウベエ」が告げたのは「エギ」の開催。それこそが、アレックスが待ち侘びていた、脱出につながる唯一にして絶好の機会だった―― 生そのものに普遍的な価値があるのか―― 死こそが業苦を逃れるために通過すべき門なのか。
論理と倫理がそれぞれの形で裏返されていく・・・

個人的な感想は、6巻の最初から見所が沢山ありました。
変態野郎をぶっ飛ばす所は爽快でした。
ネタバレになるので詳しくは語れませんがぜひ見てみてください。

無料試し読みはこちら>>
アクセスするとすぐに無料試し読みができます。
読者の感想

ちょっとお色気のある作品。
島の住民がキモくて怖いのがいい。
内容は何となく想像できたけど、絵が綺麗なので残酷さも増して感じます。 かなりの頻度でお色気シーンが出てくる。
内容が薄いか濃いかというと、どちらかというと薄い寄り。
絵がとても綺麗で身体の書き方も見せ方もとても上手。
そのおかげで内容の薄さが上手くカバーされていると思います。
この漫画色んな意味で攻め過ぎだけど大丈夫?(笑)

無料試し読みはこちら>>
アクセスするとすぐに無料試し読みができます。

コメント

おすすめ動画集合サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました